CentOS7.3にてApache httpdが複数インストールされてハマる

見事にハマりました。そもそもApache Httpd複数インストールされるって知らなんだ...。VagrantVirtualBox仮想マシン(CentOS7.3)を作り、Apache httpd 2.4.27をソースコードからインストールして、Ruby2.4.2、MySQL5.7、Passenger、Redmineなどを導入していた時につまずいた軌跡です。

Redmine導入については、後日まとめていきたいと思います。

 

どのApache Httpdが使われてる?というか複数インストールされてる!?

衝撃というか、今まで知らなかったんですが、Apache Httpd複数インストール出来ちゃうんですね...怖いな~、怖いな~。 

Apacheの設定ファイル httpd.confの場所 - Qiita

「/etc/httpd/conf/httpd.conf」 「/usr/local/apache2/conf/httpd.conf」両方と... - Yahoo!知恵袋

の2パターンで、Apache Httpdがインストールされてるディレクトリが違うそうな。 

 

ソースコードからインストールしたApache Httpdの設定ファイルは勝手が違う?

「/etc/httpd/conf.d/*.conf」が自動的に読み込まれますという言葉を信じていました... 

CentOSではApache起動時に /etc/httpd/conf.d/*.conf が自動的に読み込まれます。

Redmine 3.4をCentOS 7.3にインストールする手順 | Redmine.JP Blog

だが、しかし! 

ソースコードからインストールしたApache Httpdの設定ファイルは、インストールした場所にもよりけりですが、自分の場合、『 /usr/local/apache2/conf/』のものが使われていたという罠。

Redmineのインストール手順通りに『 /etc/httpd/conf.d/redmine.conf』を作成し、はい準備OK!と思っていたけど、そりゃ動かんですわ、だって動いてるApache Httpdは、『 /usr/local/apache2/conf/httpd.conf』の設定で動いてるしね(涙)

動いてるApache Httpdの確認方法ですが、これでいけるみたいです。(※Apache Httpdを起動している前提です。)仮想マシンを起動して、ssh接続して仮想マシン内にログインした状態で下記コマンドを実行。

⇩  sshログインなどについては、こちらを参考ください

MobaXtermを導入してみました

ps aux | grep httpd    

f:id:ts0818:20171001002546j:plain

見事に、ソースコードからインストールしたApache Httpdが動いています。

Apached Httpdの設定ファイルを編集するときは、起動してるApached Httpdの設定ファイルを編集していきましょう、という話でした。

 

2017年10月4日(水)  追記

ということで、CentOS7.1以降はデフォルトでApached Httpdが入ってるみたいですね。