FFFTPを使ったアップロード~ロリポップ編

ローカルで作成したWebサイトを本番公開したいときにレンタルサーバなどにアップロードすると思います。

lolipop.jp

⇧  職業訓練の講師の方に勧められたのが「ロリポップ」というレンタルサーバーです。今回は、ロリポップの共有サーバーに、ローカル環境のファイルをアップロードしていきたいと思います。

 

ロリポップの共用サーバーへの接続設定を確認

https://lolipop.jp/ にアクセスします。

f:id:ts0818:20180128221029j:plain

「ログイン」>「ユーザー専用ページ」を選択。

f:id:ts0818:20180128222134j:plain

ロリポップのユーザー専用ページにログインします。ロリポップと契約したときの情報がメールなど送られてきていると思うので、情報を入力しログイン。

f:id:ts0818:20180128224959j:plain

 「ユーザー専用ページ」に遷移したら、

f:id:ts0818:20180128225015j:plain

「ユーザー設定」>「アカウント情報」を選択。

f:id:ts0818:20180128225815j:plain

「アカウント情報」のページに遷移するので、下の方にスクロールし、

f:id:ts0818:20180128225856j:plain

『■ サーバー情報』にFTP接続のための設定データが記載されています。

f:id:ts0818:20180128225700j:plain

ロリポップ側で確認することはここまでです。 

 

FFFTPロリポップの共用サーバへの接続情報を設定

自分のPC側で、FFFTPを開いて『新規ホスト』を選択。

f:id:ts0818:20180128223000j:plain

「ホストの設定」が開くので、

f:id:ts0818:20180128223116j:plain

以下の情報を入力します。

(※FFFTPとはFTP(ファイル転送)を行うためのツールです。
    インターネット上で無料でダウンロード可能です。)

FFFTP ロリポップサーバー側
ホストの設定名 自分がわかる名称で構いません。
ホスト名 ロリポップFTPホスト名です。
ロリポップ・サーバー情報
【FTPサーバー】欄に記載。
ユーザー名 FTPのユーザー名です。
ロリポップ・サーバー情報
【FTP・WebDAVアカウント 】欄に記載。
パスワード FTPのパスワードです。
ロリポップ・サーバー情報
【FTP・WebDAVパスワード】欄に記載。

入力し終えたら、「拡張」タブをクリックします。『PASVモードを使う』にチェックを入れます。「OK」をクリック。

f:id:ts0818:20180128223333j:plain

「接続(S)」をクリックするとロリポップサーバーとつながります。

(※初回接続時のみ警告ダイアログが出ますが、「はい」を選択でOK。)

f:id:ts0818:20180128223707j:plain

画面左側が自分のパソコンのデータ、画面右側がロリポップサーバーのデータです。

f:id:ts0818:20180128224312j:plain

無事に、ロリポップの共用サーバーに接続できました。

 

synclogue-navi.com

⇧   上記サイト様でFFFTPの使い方を説明してくれています。

 

WordPressを利用する際は、ライトプランからでも行けますが、金銭的に余裕のある場合は、スタンダードプランあたりがssh接続もできて良いかもしれません。(スタンダードプランからは、電話サポートも付くみたいです。)

lolipop.jp

 

今回はこのへんで。