読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイトを作る上で

作るサイトによって色合い、レイアウトが変わってくる。

ブランドのサイト ⇒ 文字情報少ない。写真が大きい。高級感。

不動産のサイト ⇒ 文字情報多い。項目が細かく分けられている。写真がコンパクト。区切りがしっかり安心感。

ユニクロ ⇒ 安いけど、安心感を与える。項目がしっかり区分け。

デザインする上での最重要項目

配置

文字

グラフィックデザインで使えることはWebデザインにも使える。

ロゴの色(会社の色)に合わせてサイトの色を決める事が多い。

色について

緑・青は、誠実感をだす、企業系サイトに多い。

橙・赤・黄色(暖色)は、手頃な値段の食べ物屋さんのサイトに多い。

黒・紫は、高級感をだす、政治家とかお偉いさんが使う高級料亭サイトに多い。

色相環の中で真反対の色(直線上にある)を補色という。

補色と補色の間にもう一色、別の色を挿むと良い。(白色が好ましい。)

↓ 色についての詳しい話

12色の色が与える印象

色相環とは?

文字について

男性的女性的
ゴシック体 明朝体
サンセリフ セリフ
太い 細い
字が大きい=元気 字が小さい=落ち着いた

一つの文章の中で大きい字と小さい字がある場合、その差が大きいほど元気な、小さいほど落ち着いたイメージになります。これを専門用語でジャンプ率といいます。

若い人向けはジャンプ率が高く、年齢の高い人向けはジャンプ率が低くなる傾向があるみたいです。

↓ ジャンプ率についての詳しい話

ジャンプ率とは?

広告を非表示にする