RHEL(Red Hat Enterprise Linux)にOracle JDK 17とTomcatをインストール

scienceportal.jst.go.jp

⇧ Oh, my gosh...

Azureで仮想マシンの作成とネットワークの設定

今回はMicrosoft Azureを使ってますが、ローカル環境で作成した仮想マシンでも同じようなことはできると思われます。

仮想マシンは、RHELRed Hat Enterprise Linux)のものを作成します。SSHキーはダウンロードしておきます。

ネットワークの設定で、HTTPの80番とTomcat用に8080番のポートを開放しておきます。

Oracle JDKアーカイブページからOracle JDK 17のダウンロードURLを取得

Orcale JDKのダウンロードURLを取得しておきます。

www.oracle.com

⇧ 上記ページで、LTS(Long Time Support)版であるバージョン17を選択し、

www.oracle.com

⇧ 上記のページから

https://download.oracle.com/java/17/archive/jdk-17.0.5_linux-x64_bin.rpm

LinuxRPMパッケージのJDKのダウンロードURLをコピー。

RHELRed Hat Enterprise Linux)にOracle JDK 17をインストール

Azureに作成していた仮想マシンに接続。接続には仮想マシンの作成時にダウンロードしておいたSSHキーを利用します。

Oracle JDK 17をダウンロード。

wget https://download.oracle.com/java/17/archive/jdk-17.0.5_linux-x64_bin.rpm    

Oracle JDK 17をインストール。

sudo rpm -ivh jdk-17.0.5_linux-x64_bin.rpm

パッケージの更新。

sudo rpm -Uvh jdk-17.0.5_linux-x64_bin.rpm

Oracle JDKがインストールされました。

RHELRed Hat Enterprise Linux)にTomcatをインストール

とりあえず、Tomcatは9系をインストールすることにします。

ftp.riken.jp

理研理化学研究所)さんの所からダウンロードURLをコピーしておきます。

RHELRed Hat Enterprise Linux)で、スーパーユーザーに変更。

Tomcatをダウンロード。

wget http://ftp.riken.jp/net/apache/tomcat/tomcat-9/v9.0.69/bin/apache-tomcat-9.0.69.tar.gz
tar -xvf apache-tomcat-9.0.69.tar.gz    

フォルダー名を変更。

mv apache-tomcat-9.0.69 tomcat-9.0.69    

Tomcat用のユーザー追加。

useradd -r tomcat    

Tomcatのユーザー変更。

chown -R tomcat:tomcat /usr/local/tomcat-9.0.69    

Tomcatのサービスの設定。

[Unit]
Description=Apache Tomcat Server
After=syslog.target network.target

[Service]
Type=forking
User=tomcat
Group=tomcat

Environment=CATALINA_PID=/usr/local/tomcat-9.0.69/temp/tomcat.pid
Environment=CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat-9.0.69
Environment=CATALINA_BASE=/usr/local/tomcat-9.0.69

ExecStart=/usr/local/tomcat-9.0.69/bin/catalina.sh start
ExecStop=/usr/local/tomcat-9.0.69/bin/catalina.sh stop

RestartSec=10
Restart=always
[Install]
WantedBy=multi-user.target    

Tomcatのサービスを起動。

systemctl start tomcat.service
systemctl enable tomcat.service
systemctl status tomcat.service    

ファイアウォールの設定。

firewall-cmd --zone=public --permanent --add-port=8080/tcp
firewall-cmd --zone=public --permanent --add-port=8443/tcp
firewall-cmd --reload    

ブラウザから、仮想マシンのパブリックIPアドレス:8080にアクセス。

とりあえず、仮想マシンOracle JDK 17とTomcatがインストールできました。

ちなみに、Azureの仮想マシンに接続するのは、Azure Bastionって機能を使うのが良いらしいです。

毎度モヤモヤ感が半端ない...

今回はこのへんで。