PHPの書き方 いろいろ

突然ですが、 

Adobe BracketsはUTF-8しか対応してないそうです。

Shift-JISや、かつてのCMSで使われていたEUCなど、UTF-8以外でエンコードされた
マルチバイトのHTMLを読み込ませようとすると、エラーを表示して処理が中断してしまうそうです。(『YAHOO!知恵袋』より。)

文字化けを防ぐにはファイルで

<!DOCTYPE html>

<html lang="ja">

<head>

<meta charset="UTF-8">  <--文字化け防止にファイルの文字コードを『UTF-8』に。-->

</head>

</html>

を忘れずに書くしかないってことですかね?

ちなみに、メモ帳やteraPadなどのテキストエディターでは文字化けしないとのこと・・・Bracketsさん頑張って欲しいっす。

PHPの書き方いろいろ

<?php

$a= '<html lang="ja">' ;

$b= "<head>" ;

$c= '<meta charset="UTF-8">' ;

$d= "<title>" ;

$e= "</title>" ;

$ee= "</head>" ;

$f= "<h1>テスト</h1>" ;

$ef="<body>";

$z= "<br><br><br>";

 

$x=345;

$ff= "おはよう{$x}<br><br>こんにちは <br>";

print $ff;

/*ブラウザ上の表示

  おはよう345

  こんにちは

*/

$ff= "おはよう".$x."<br><br>こんにちは " ;

print $ff;

/*ブラウザ上の表示

  おはよう345

  こんにちは

*/

$ff= "おはよう".'$x'."<br><br>こんにちは " ;

print $ff;

/*ブラウザ上の表示

  おはよう$x

  こんにちは

*/


$gg= "</body>" ;

$h= "</html>" ;

print $a.$b.$c.$d.$e.$ee.$f.$ef.$ff.$z.$gg.$h;

?>

現在の日付を表示

<?php

print "今日は".date("y")."年".date("m")."月".date("j")."日です。<br>";

$y = date('y');
$m = date('m');
$d = date('j');

print "今日は{$y}年{$m}月{$d}日です。";
print "<br>";

print date("m")."<br>";
$ip = getenv("REMOTE_ADDR");
print "あなたのIPアドレスは{$ip}です。<br>";


?>

変数のルール

変数は$マークでスタート。

例;$okane, $kinri

変数名は『英数字』か『_(アンダースコア)』で構成。

例:$okane, $jikan_okane, $_okane

変数名の先頭に数字が来るのはNG

例:$10, $2_hoge

大文字と小文字は厳密に区別される。

例:$OKANEと$okaneは全く別物。

変数  スコープ(有効範囲)

変数のスコープとは、定義した変数がどこまで利用できるのか?という有効範囲のことです。

変数にはスコープ(有効範囲)の異なる
グローバル変数
『ローカル変数』
『スーパーグローバル変数
という3つの変数があります。

 

グローバル ⇒ 関数の外で定義されたもので、スクリプト内のすべてで利用可能です。

ローカル ⇒ 関数内で定義されたもので、その関数内でしか利用できません。

スーパーグローバル ⇒ いつでもどこでも使える変数のことで、あらかじめ定義されている変数のいくつかが該当します。
詳細はこちら » 定義済み変数の一覧表

IPアドレスの話

IPV4 : 32bit( 0~42億 ) ⇒ internet protocol version 4の略

IPV6 : 128bit ⇒ internet protocol version 6の略。

bool(論理型)

真偽の値を表す型です。この型の値はtrueまたはfalseのいずれかになります。
trueが「真」、falseが「偽」という意味になります。

<?php

$a = 1;

$b = 2;

$c = $a > $b;

var_dump($c);  /*ブラウザ上でbool(false)と表示される。var_dump(変数)で変数の値を調べられます。*/

?>

for(繰り返し文)

for ( 最初に1回 ; 条件 ; 処理が終る毎に実行 ) {
   繰り返す処理
}

例:

<?php
for( $i 0; $i 20; $i++ ){
print "八百八でらっしゃい<br>";
}

?>

例:

<?php
for( $i 20; $i 40; ){
print "八百八でらっしゃい<br>";
$i++;
}

?>

例:

<?php

$i 0;

for( $i 20; ){

  print "八百八でらっしゃい<br>";

  $i++;

}

print "<br>";

?>

while(繰り返し文)

 例:

<?php
$i 0;
while( $i 20 ){
print "八百八<br>"; //一文表示。
$i= $i + 1; //$iを1増やす($i++と同じ)
}

?>

問題:1から20までの足し算 

while文の場合

<?php
$sum 0;
$i 1;
while( $i <= 20 ){
$i = $i + 1; //$iを1増やす($i++と同じ)

$sum $sum $i;
}

print "1から20の合計は{$sum}です。<br>";
?>

 

for文の場合

<?php
$sum 0;

for( $i 1$i <= 20$i++){
$sum $sum $i;
}
print $sum;
?>

問題:1から100までの中の偶数を足し算

while文の場合

<?php
$sum 0;

$i 1;

while( $i <= 100 ){

$i++;
  if( $i === ){
   $sum $sum $i;
  }
}
print $sum;
?>

for文の場合

<?php
$sum 0;

for( $i 1$i <= 100$i ++ ){
  if( $i === ){
    $sum $sum $i;
  }
}
print $sum;
?>

問題:1から100までの中の奇数を足し算

for文の場合の解答例

<?php
$sum 0;

for( $i 1$i <= 100 $i $i ){

$sum $sum $i;
}
print $sum;
?>

for文とif文を組み合わせた場合の解答例

<?php
$sum 0;

for( $i 1$i <= 100$i ++ ){
  if( $i === 1 ){
    $sum $sum $i;
  }
}
print $sum;
?>

while文の場合の解答例

例1:

<?php
$sum 0;
$i 1;
do{
$sum $sum $i;
$i $i 2;
}while( $i <= 100 );
print "1から100までの奇数の合計は".$sum."です。";
?>

例2:

<?php
$sum 0;
$i 1;

$loop true;

while$i <= 100 ){
    $sum $sum $i;
    $i $i 2;

    $loop;
    print "1から100までの奇数の合計は".$sum."です。";

}
?>

if(繰り返し文)

if ( 条件 ) {
   trueの時の処理
   }else{
   falseの時の処理

<?php
$a 2;
$b 2;
$a $b;
if$a $b ){
    print "{$a}は{$b}より大きい";
    }else if$a == $b ){
    print "{$a}は{$b}と等しい";
    }else{
    print "{$a}は{$b}より小さい";
}
?>

 <?php
$a = -2;
$b 10;
$a $b;
if$a $b ){
    print "{$a}は{$b}より大きい<br>";
    }else if$a == $b ){
    print "{$a}は{$b}と等しい<br>";
    }else{
    print "{$a}は{$b}より小さい<br>";

    if$a < 0 ){

          print "{$a}は負の値です。<br>";

    }
}
?>

広告を非表示にする