読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MySQL~コマンドプロンプト~

真っ黒い画面でお馴染み、コマンドプロンプト

varchar(10) ⇒ 全角、半角関係なく10文字。MySQL4.0までは10biteだったらしいっす。

ちなみに全角は3bite,半角は2biteっちゅう決まりみたいっす。

 

データベースdb2,テーブルdate_testを作成。

#mysql -u root -p

password:パスワードを入力;

mysqlに接続されます。

mysql > create databases db2;

(データベースdb2の作成。)

mysql > use db2;

(使うデータベースを選択。)

mysql > create table date_test(a date,b datetime,c varchar(10));

(テーブルdate_testの作成。)

mysql > desc date_test;

(テーブルdate_testの構造を表示。)

mysql > insert into date_test(a,b,c) values('2015-03-03','2015-03-03 10:07:27','systemlink');

(データをテーブルdate_testに追加。)

データ型DATEDATETIMEVarchar(10)
カラム名 a b c

mysql > alter table tb1 modify nama varchar(100);

(テーブルtb1のカラムnamaのデータ型をvarchar(100)に変更します。)

mysql > alter table tb1 add umare datetime after nama;

(テーブルtb1のカラムnamaの後に型がdatetimeのカラムumareを追加します。)

mysql > alter table tb1 add  umare3 date first;

(テーブルtb1の先頭に型がdateのカラムumare3を追加します。)

mysql > alter table tb1 drop umare3;

(テーブルtb1のカラムumare3を無くします。)

mysql > use db2;

(データベースdb2を使う宣言。)

mysql > drop table date_test;

(データベースdb2のテーブルdate_testを無くします。)

alt+spaceでコマンドプロンプトの編集とかの画面出ます。

Keyの指定をすることでデータベースの効率化。

Key(なるべくダブらないもの):index

Primary Key (テーブルの中のカラムの一つにつけるもの(※絶対にダブらないもの、出席番号みたいなものにつける。))

mysql > alter table tb1 bang varchar(10) primary key;

(テーブルtb1のカラムbangにprimary keyの指定。)

 mysql > create table test0303(k int primary key,a int);

(primary keyを指定したカラムkとカラムaで構成されたテーブルtest0303を作成。)

mysql > drop table test0303;

(テーブルtest0303を無くす。)

mysql > create table test0303(k int primary key auto_increment,a int,b char(10));

(primary key,auto_incrementを指定したカラムkとカラムa,カラムbで構成されたテーブルtest0303を作成。)

mysql> insert into test0303(k,a,b) values(5,300,'zzz');

(テーブルtest0303のカラムk,a,bに5,300,zzzを挿入。)

意キー

UNIQUE

mysql> create table exam0303(x int primary key auto_increment,y varchar(10) unique,z time);

(データ型intでインデックスがprimaryでauto_incrementのカラムx,データ型varchar(10)でuniqueのカラムy,データ型timeのカラムzで構成されたテーブルexam0303を作成。)

insert into exam0303(y,z) values('catew','now()');

(テーブルexam0303のカラムx,yに値を挿入。)

mysql > create table exam0303_02 select * from exam0303;

(テーブルexam0303と全く同じ情報のテーブルexam0303_02を作成。)

mysql > show table status\G;

(テーブルの情報を表示。)

mysql > delete from exam0303_02;

(テーブルexam0303_02の中身を全て消去。)

mysql > create table exam0303_03 like exam0303;

(テーブルexam0303と同じ構造のテーブルexam0303_03を作成、ただし中身は空です。)

mysql> select uri as '売上(百万)',bang as '社員番号' from tb;

(カラムuriを『売上(百万)』として、カラムbangを『社員番号』として表示。)

mysql> select uri*1000000 as '売上',bang as '社員番号' from tb;

(uri*1000000で表示。)

mysql> select sum(uri) as '売上合計'from tb;

(uriの合計を表示。)

mysql> select avg(uri) as '売上平均'from tb;

(uriの平均を表示。)

mysql> select count(uri) as 'データ数'from tb;

(uriのデータ数を表示。)

広告を非表示にする