読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO(Search Engine Optimizationの略:検索エンジン最適化)--上位表示の勉強--

SEOのための手順

  1. 商品(サービス)を知る。
  2. Webライティング(コピーライト:商品の売り込みの文章)。
  3. キーワードマイニング(選び方:meta keywordを決めていく)。

 

短期:長期:
外部リンク(質) オーガニックリンク(コンテンツの充実)

※↓ オーガニックリンクとは?

オーガニックリンクについて詳細ページへ

ブログについて

ブログは書きやすくて更新しやすいものを選んでいい。

wordpressキャズムを超えてしまったのであまり使うべきではない。

hatenaが更新しやすくておすすめ。

上位表示に必要なtitleタグ

  1. キーワードはなるべく左側。
  2. 文字数は、24文字程度(最大31文字)。
  3. キーワードは、2回使わない。
  4. 最重要キーワードに限り2回使用可能。
  5. 体言止めが重複した状態はNG。
  6. 他のページと重複させるのもNG。
  7. タイトルとページコンテンツ(ページの内容)を一致させる。
  8. 記号や全角スペースはNG。
  9. 不必要と思われる文字は削除する。

 htmlファイルの<head></head>内に入れるべきもの。

①meta description

<meta name="description" content="説明文または要約文を3文節">
  1.  titleタグやh1タグの内容の文章化。
  2. キーワードの羅列ではなく、魅力的なPR文を作る。
  3. 文字数は80文字~110文字が望ましい。
  4. 最重要キーワードから書き始める1文節。
  5. 1文節に、キーワードを2個または、2回使用する。
  6. サイトが複数ページで構成されている場合、ページごとにcontent=" "の" "中身の内容を変える。

②meta keywords

<meta name="keywords" content="Webデザイン,html,css,php, Illustrator,Photoshop">

※↑のcontent=""の中身は例です。

  1. 書いたキーワードが、titleタグで使用されているか。
  2. 書いたキーワードが、pタグで使用されているか。
  3. 書いたキーワードが、外部からそのキーワードを2個利用したテキストリンクでリンクされているか。

※↓ metaに関しての詳細はこちら

Googleが解説するmetaタグについての注意点

 h1タグの重要性について

  1. h1は本文の要約であることが必須。
  2. body内の最上部に記述。
  3. キーワードから書き始めること。
  4. キーワードは1回のみ。
  5. 名詞の羅列ではなく、体言止めの文章にすること。
  6. 他のページと重複させるのはNG。
  7. 隠し文字や、読めないほど小さくしないこと。
  8. 画像は使用しないこと。
  9. strongタグとの併用はNG。

 imgタグのalt属性について

--<img src="画像ファイル(例:flower .png)" alt="画像ファイルの説明(例:花) ">--

  1. alt属性を適切に記述していると、画像検索の結果に反映されやすくなる。
  2. 画像の内容を反映していない文字は入れないこと。
 
広告を非表示にする