読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XAMPPのMYSQLでデータベース作成

サーバーとデータベース関連

XAMPPは以下の五つの環境から構成されています。

 

①XAMPPを起動させる。

Apache,MYSQLをstartさせてから、MYSQLのAdminをクリックしてログイン画面にいきログインする。

phpMyAdminのページにきます。

②データベースの項目をクリック。

  1. データベース名を入力(例:suzuki_newsfeed)。
  2. 照合順序(例:utf8_general_ci)。
  3. 作成をクリック。

suzuki_newsfeedという名前のデータベースが作成されます。

画面左の一覧にsuzuki_newsfeedが追加されればOK。

次に画面左の一覧のsuzuki_newsfeedをクリックします。

テーブル作成画面にきます。

③テーブルを作成します。(1つのデータベースの中にテーブルは何個作ってもOK。)

  1. テーブル名を入力(例:news)。
  2. カラム数を入力(例:今回はデフォルトの値の4を選択)
  3. 右下の実行をクリック。
  4. テーブルの4つのカラムの名前、データ型、照会順序、A_I(Auto Incrementの略)、インデックス、などを入力。
  5. 右下の保存をクリック。

例:

名前データ型長さデフォルト値照合順序属性NULLインデックスA_I
news_id INT           primary
news_headline VARCHAR 100   utf8_general_ci        
news_article TEXT 65535   utf8_general_ci        
news_date DATETIME              
  •  インデックスのprimaryは重複したものがないカラムに指定しなければならない。出席番号のような重複しない数字のものに指定すると良い。
  • A_Iはカラムに自動的に連番を格納する。
  • データ型で文字を使うもの(VARCHAR,TEXTなど)は文字化けを防ぐため照合順序> を今回はutf8_general_ciに指定。
広告を非表示にする