AWSの仮想マシンにApache(httpd)をインストール

まずは、ローカル環境からAWS仮想マシンssh接続します。

f:id:ts0818:20170723223257j:plain

AWS仮想マシンに接続できています。

f:id:ts0818:20170723223252j:plain

仮想マシンのOSは...、「Amazon Linux AMI」ってことですかね?

Amazon LinuxRedHat系のディストリビューションになります。CentOSRHELを使ったことがある方なら同じように使えるのではないかと思います。

Amazon Linuxの特徴とCentOSとの違い まとめ | Developers.IO

ってことみたいです。 

f:id:ts0818:20170723223247j:plain

とりあえず、yumコマンドは使えるみたいです。

sudo yum -y update

f:id:ts0818:20170723224028j:plain

Linuxが最新の状態になります。

 

Apache(httpd)をyumでインストー

ソースからインストールであれだけ時間をかけたことが、 

sudo yum -y install httpd

f:id:ts0818:20170723224544j:plain

瞬殺です。Apachehttpd)を起動してみます。

sudo service httpd start

serviceコマンドってことは、CentOs6系なのかな?Linux仮想マシンが起動するたびに、Apachehttpd)を自動起動するようにします。

sudo chkconfig httpd on

f:id:ts0818:20170723225547j:plain

 設定できました。

ブラウザでアクセスしてみます。『http://パブリックIPアドレス』でアクセスできます。

f:id:ts0818:20170723225309j:plain

ドキュメントルート(Webで表示されるファイルなどが設置される場所)を確認。

ls /var/www/html

f:id:ts0818:20170723230012j:plain

何もファイルが無い状態です。ファイルを作成してみます。

sudo vi /var/www/html/index.html

f:id:ts0818:20170723230754j:plain

viでファイルが開かれるので、iを押すと入力モードになるので、編集し、Escキーを押した後に、「:wq」で保存して終了。

f:id:ts0818:20170723230758j:plain

ブラウザで『http://パブリックIPアドレス/index.html』にアクセス。

f:id:ts0818:20170723231225j:plain

作成したファイルの内容が表示されました。