ローカル環境からAWSの仮想マシンにssh接続

ローカル環境からAWS仮想マシンにアクセスするために必要な情報は、

の2つで、「ユーザー名」は「ec2-user」というデフォルトが用意されているようです。

ローカル側の準備

「FirstKey.pem」 というファイルをAWS側からインストールしていたと思いますが、これを使います。まず、「.ssh」というフォルダがない場合は作成します。

Windowsの場合は、『C:¥Users¥ユーザー名』フォルダに作成されていることが多いと思います。

f:id:ts0818:20170723215237j:plain

ConEmuでMsys2のbashを起動し、

mv /C/Users/ユーザー名/Desktop/FirstKey.pem /C/Users/ユーザー名/.ssh

を実行します。

f:id:ts0818:20170723220329p:plain

『.ssh』フォルダの中に『FirstKey.pem』ファイルが入ればOK。

f:id:ts0818:20170723220610j:plain

『FirstKey.pem』ファイルのアクセス権を変更します。

chmod 400 /C/Users/ユーザー名/.ssh/FirstKey.pem

f:id:ts0818:20170723220954p:plain

ssh -i 【FirstKey.pemファイルまでのパス】【AWS仮想マシンのユーザー名@パブリックIPアドレス】』で接続できます。初回のみ、接続するか聞かれますので「yes」を入力しEnter。

f:id:ts0818:20170723221446j:plain

AWS仮想マシンに接続できました。

f:id:ts0818:20170723221449j:plain

AWS仮想マシンのファイル一覧を表示。

f:id:ts0818:20170723222028j:plain

 接続を閉じるときは、「exit」で切断されます。

f:id:ts0818:20170723222025j:plain