AWS Linux仮想マシンのパブリックIPアドレスの設定

AWS Linux仮想マシンを作成したのですが、パブリックIPアドレスは設定をしないと毎回アドレスが変わってしまうため、ブラウザからのアクセスを考えるとマズイ状況です。

パブリックIPの設定

管理画面から、「サービス」>「EC2」を選択します。

f:id:ts0818:20170723202804p:plain

「1個の実行中のインスタンス」をクリックし、

f:id:ts0818:20170723205735j:plain

「Elastic IP」 を選択します。

f:id:ts0818:20170723210316j:plain

「新しいアドレスの割り当て」をクリックします。

f:id:ts0818:20170723210738j:plain

 「割り当て」をクリック。

f:id:ts0818:20170723210734j:plain

新しいアドレスが割り当てられたら、「閉じる」をクリック。

f:id:ts0818:20170723210730j:plain

「Elastic IP」にアドレスが追加されたら、仮想マシンと関連付けていきます。

f:id:ts0818:20170723210724j:plain

「アクション」>「アドレスの関連付け」を選択。

f:id:ts0818:20170723211732j:plain

インスタンス」で生成した仮想マシンインスタンスIDを選択します。

f:id:ts0818:20170723211726j:plain

「関連付け」を選択。 

f:id:ts0818:20170723211722j:plain

「閉じる」をクリック。

f:id:ts0818:20170723211716j:plain

「Elastic IP」には変化はないですが、

f:id:ts0818:20170723211713j:plain

インスタンス」を見ると、「IPv4 パブリック IP」が、「Elastic IP」と一緒のもになりました。 

f:id:ts0818:20170723212243j:plain

 

ssh以外の接続を設定

デフォルトでは、sshしか接続できない状態になってしまっているので、httpでブラウザからアクセスできるようにします。

「セキュリティグループ」をクリックします。 

f:id:ts0818:20170723212730j:plain

「アクション」>「インバウンドルールの編集」を選択。 

f:id:ts0818:20170723213014j:plain

「ルールの追加」をクリック。

f:id:ts0818:20170723213453j:plain

追加されたものの「タイプ」を「HTTP」にします。

f:id:ts0818:20170723213450j:plain

「保存」をクリック。

f:id:ts0818:20170723213447j:plain

 

これで、ブラウザからhttpでアクセスできるようになりました。