Windows 10 HomeにMySQL5.7.18を単体でインストール

いままで、XAMPPとかを利用していたので、XAMPPをインストールすればMySQLも自動でインストールされていたのですが、今回、MySQLを単体でインストールしてみました。

⇩  OS XMac)の場合は下記サイトが参考になるかと(バージョンが5.6ですが)

ゼロから学ぶ MySQL 基礎の基礎 (2) MySQLをインストールしよう | マイナビニュース

MySQLインストーラーをダウンロード

https://www.mysql.com/jp/ にアクセスします。『ダウンロード』を選択します。

f:id:ts0818:20170713194647j:plain

『ダウンロード』のページに遷移したら、スクロールして画面の下のほうに進みます。

f:id:ts0818:20170713195718j:plain

『Select OS Version:』で『Windows』を選択し、『MySQL Installer for Windows』のバナーをクリックします。

f:id:ts0818:20170713200226j:plain

画面下にスクロールし、『Windowsx86, 32bit), MSI Installer 5.7.18  405.8M』ってほうの『Download』をクリックします。 

f:id:ts0818:20170713200222j:plain

画面の一番下の『No thank, just start my download』ってリンクをクリックするとインストーラーがインストールされます。

f:id:ts0818:20170713200219j:plain

 

MySQLをインストー

 

『I accept the license terms』にチェックを入れ、『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713203626j:plain

『Developer Default』を選択。『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713203622j:plain

『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713203620j:plain

『Execute』をクリック。 

f:id:ts0818:20170713203613j:plain

インストールされます。

f:id:ts0818:20170713203610j:plain

『Next >』をクリック。 

f:id:ts0818:20170713204157j:plain

『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713204154j:plain

デフォルトの状態で『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713204150j:plain

デフォルトの状態で『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713204146j:plain

MySQL Root Password:」に「root」、「Repeat Password:」に「root」を入力し、『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713204143j:plain

 デフォルトの状態で『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713204624j:plain

デフォルトの状態で『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713204619j:plain

「Execute」をクリック。

f:id:ts0818:20170713204616j:plain

「Finish」をクリック。

f:id:ts0818:20170713204612j:plain

デフォルトの状態で『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713204609j:plain

デフォルトの状態で『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713205023j:plain

デフォルトの状態で『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713205018j:plain

「check」をクリックして、「Connection successful」となればMySQL Serverに接続できてます。『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713205015j:plain

「Execute」をクリックして、「Finish」をクリック。

f:id:ts0818:20170713205011j:plain

デフォルトの状態で『Next >』をクリック。

f:id:ts0818:20170713205008j:plain

「Finish」をクリック。 

f:id:ts0818:20170713205504j:plain

MySQLに接続するためのツールが起動します。

MySQL WorkbenchがGUIツール。

f:id:ts0818:20170713205500j:plain

MySQL ShellがCUIツールになります。

f:id:ts0818:20170713205457j:plain

とりあえず、両方とも閉じます。 

『C:¥Program Files¥MySQL¥MySQL Server 5.7¥bin』の中にあるmysql.exeがお馴染みの『mysql -u root -p』とかのコマンドを実行するためのファイルになります。

f:id:ts0818:20170713210110j:plain

『C:¥ProgramData¥MySQL¥MySQL Server 5.7¥my.ini』がMySQLの設定ファイルのようです。

f:id:ts0818:20170713210826j:plain

『C:¥Program Files¥MySQL¥MySQL Server 5.7¥bin』までのパスを環境変数に追加するもんだと思っていたのですが、追加せずに接続できました。

f:id:ts0818:20170713211557j:plain

XAMPPのほうのデータベースと情報が違ってるので、おそらく新しくインストールしたほうのMySQLサーバーに接続できたようです。

f:id:ts0818:20170713211710j:plain

ちなみに、Javaからデータベースに接続する際に必要となるMySQLJDBCドライバは、『C:¥Program Files (86x)¥MySQL¥ConnecterJ 5.1¥mysql-connector-java-5.1.41-bin.jar』にインストールされています。

f:id:ts0818:20170713212044j:plain

EclipseからMySQLに接続してみます。コマンドプロンプトでデータベースを追加しておきます。

CREATE DATABASE test_my_mysql;

f:id:ts0818:20170713221359j:plain

 

「ウィンドウ(W)」>「パースペクティブを開く(O)」>「その他(O)...」を選択。

f:id:ts0818:20170713215435j:plain

「DBViewer」を選択し、「OK」をクリック。

f:id:ts0818:20170713215433j:plain

JDBC Driver(J):」で「com.mysql.jdbc.Driver」を選択すると、『テンプレートに登録されている接続文字列に置き換えますか?』と表示されるので「OK」。

f:id:ts0818:20170713215542j:plain

「接続文字列(S)」に「jdbc:mysql://localhost:3306/自分の使いたいデータベース名」を指定し、「接続ユーザ(U):」と「接続パスワード(P):」には、MySQLをインストールしたときに決めたものを入力します(今回はどちらも『root』)。

「テスト接続」をクリックして、「接続に成功しました」と表示されればOK。

「完了(F)」をクリック。

f:id:ts0818:20170713215538j:plain

「DBツリー・ビュー」のところのデータベース名の上で右クリックし、「接続(C)」を選択。

f:id:ts0818:20170713215535j:plain

データベースに接続されました。

f:id:ts0818:20170713215532j:plain

データベースを閉じる場合は、データベース名の上で右クリックし、「切断(L)」を選択。

f:id:ts0818:20170713215528j:plain

Java」「Java EE」「DBViewer」 とパースペクティブが3つ表示されている状態であって、今現在は「DBViewer」が選択されている状態です。

f:id:ts0818:20170713220856j:plain

Java」に切り替えると、

f:id:ts0818:20170713221252j:plain

いつもの「パッケージ・エクスプローラー」が表示されます。 

 

無事、MySQLはインストールできましたが、Cドライブの容量が厳しい状態です。

f:id:ts0818:20170713212415j:plain

SSDを容量の大きいものに交換するしかないですかね...。