読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コマンドプロンプトの日本語設定 XAMPPのMySQLを使う場合

真っ黒い画面でお馴染み、コマンドプロンプト

『XAMPP』フォルダの中の『Mysql』フォルダの中の『bin』フォルダの中の『my.ini』ファイルを開く。

my.ini

ファイルの下記部分に赤字の部分を書き足します。

my.iniファイルの18行目あたり

[client]
character-set-server = utf8
# password = your_password
port = 3306

 my.iniファイルの28行目あたり

[mysqld]
character-set-server = utf8
skip-character-set-client-handshake

 my.iniファイルの160行目あたり

[mysqldump]
quick
max_allowed_packet = 16M
default-character-set = utf8

my.iniファイルの166行目あたり

[mysql]
no-auto-rehash
# Remove the next comment character if you are not familiar with SQL
#safe-updates
default-character-set = utf8

XAMPPを再起動。

コマンドプロンプトを起動。コマンドプロンプトに記述していきます。(『mysql>』がつくとこは『mysql>』から後の部分を記述します。)

データベースへの接続のための記述。

 mysql -u root -p

Enter password: MySQLのパスワード(phpMyAdminログイン時の)を入力し、Enterキーをクリック

MySQL文字コード情報を表示のための記述。

mysql> show variables like 'char%';

以下のようにutf8に統一されていればOK。

+--------------------------+--------------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+--------------------------------+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | utf8 |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | utf8 |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | C:\xampp\mysql\share\charsets\ |
+--------------------------+--------------------------------+

コマンドプロンプト上の表示をShift-JISにするための記述。(コマンドプロンプトはShift-JISしか対応していないため。データ自体はUTF-8になってます。)

mysql> set names cp932;

 

コマンドプロンプト(パソコンのwindowsにもともと入ってる)でXAMPPのMySQLを使えるようにするパスの設定

Cドライブ直下にXAMPPをインストールしている場合は、自分のパソコンの『エクスプローラー』を開いて『PC(コンピュータ)』の上で右クリックして『プロパティ』を選択、『システムの詳細設定』『環境変数』を選択。

一番上の『PATH』が選択された状態で『編集』をクリック。

一番末尾の『;』の後(『;』がない場合は『;』を書いて)に『C:\xampp\mysql\bin;』を追加して『OK』をクリック。『コマンドプロンプト』『XAMPP』が起動してる場合は両方とも1回閉じて再起動します。

 

広告を非表示にする