読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHP ( switch文、配列 、連想配列など )

php関連

Apacheは2種類存在する。

Apache ⇒ Webサーバー

Apache ⇒ ライセンス

switch文

switch( 変数 ){
case :
      実行する処理
break;( 処理を終える場合 )
case :
      実行する処理
break;( 処理を終える場合 )
default:
      実行する処理
break;( 処理を終える場合 )
}

変数case:が一致したとこを実行しますが、break;を書かないと全てのcaseの処理をしてしまう。

問題:switch文を使って春夏秋冬

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>switch文で春夏秋冬</title>
</head>
<body>
<?php
$month = date('g'); // 時。12時間単位。先頭にゼロを付けない。
switch($month){
    case 12:
    case 1:
    case 2:
      print "冬です。<br>";
      break;
    case 3:
    case 4:
    case 5:
      print "春です。<br>";
      break;
    case 6:
    case 7:
    case 8:
      print "夏です。<br>";
      break;
    case 9:
    case 10:
    case 11:
      print "秋です。<br>";
      break;
}

?>

</body>
</html>

 

    ⇩ 配列・連想配列について下記サイトが詳しいです。

【PHP入門講座】 配列

配列

array関数を使います。

array()関数はPHPにあらかじめ定義されている関数です。関数とは「ある特定の処理をまとめたもの」なのですが、このarray()関数の場合は配列を定義する役割を持ちます。

例:

$a = array( 'もうすぐ春です' 'もうすぐ夏です' 'もうすぐ秋です' , 'もうすぐ冬です' );

連想配列

$fruit = array"apple=> "リンゴ" , "orange" => "みかん" , "grape" => "ぶどう" );

連想配列の構造 

変数 = array( "キー(添字)" => "値" "キー(添字)" => "値" , "キー(添字)" => "値" );

連想配列とは、このように A に対応する値は B , C に対応する値は D , ...」 といったデータ構造を意味します。PHPにおける実装は上記の結果の通りです。

この A C のことを キー または 添字B D のことを と呼びます。

=>(ダブルアロー演算子) =  配列の生成に使われる演算子連想配列に使う。

->(アロー演算子)= オブジェクト指向で登場します。

アロー演算子についてはこちらのページで説明してます。

 

<?php

$fruit[ ] = "りんご" ;

$fruit[ ] = "みかん" ;

$fruit[ ] = "ぶどう" ;

/* [ ]の中身を指定しない場合、上から順に、0、1、2が自動で入る。*/

echo $fruit[ 0 ];

echo $fruit[ 1 ];

echo $fruit[ 2 ];

?>

<?php

$fruit = array"りんご" "みかん" , "ぶどう" );

echo $fruit[ 0 ];

echo $fruit[ 1 ];

echo $fruit[ 2 ];

?>

<?php

$fruit = array"apple=> "りんご" , "orange" => "みかん" , "grape" => "ぶどう" );

echo $fruit["apple"]."<br>";

echo $fruit["orange"]."<br>";

echo $fruit["grape"]."<br>";
?>

foreach文

<?php

$fruit = array"apple=> "りんご" , "orange" => "みかん" , "grape" => "ぶどう" );

foreach$fruit as $key => $value ){
print "{$key} => {$value} <br>\n";
}  // ページのソース上(テキストとして)の改行をするのが『\n』

?>

乱数を使う

rand

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>乱数 rand();</title>
</head>
<body>
<?php
for$i = 0$i < 100$i++ ){
print "乱数=".rand10 20 )."<br>";
}
?>

</body>
</html>

配列とrand( )関数でおみくじ

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>おみくじ rand( );</title>
</head>
<body>
<h1>乱数</h1>
<?php
$i = rand,10 );
$omikuji = array"大吉" , "中吉" , "小吉" , "吉" , "末吉" , "末小吉, "凶" , "小凶" , "半凶" "末凶" , "大凶" );
foreach$omikuji as $value ){
print $value.">";
}
print "<br><br>あなたの今日の運勢は" .$omikuji[$i]"です。";
print '<img src=" '.$i.'.jpg">';
?>

</body>
</html>

for文を使った関数でブラウザ上に三角形を表示

 ↓ 参考関数

// 引数が$cntのasta( );関数を定義

function asta($cnt){  
    for$i = 0; $i < $cnt; $i++ ){  // for文で$iが0から$++で1ずつ増え、$cntになるまで{ }の中の処理(ここでは『print "*";』と『print "<br>";』)を繰り返す
      print "*";  // *をブラウザ上に表示
      print "<br>";  // 改行する

    }  // forの締め

}  // functionの締め

上の関数の引数$cntに適当な値(10とか)を入れて実行すると *が縦に並んでいくと思います。

解答例:1

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>for文を使った関数</title>
</head>
<body>

<?php
print "<tt>";

// ↓ここから引数$cntのasta_1( )、引数$cntのasta_2( );関数を定義

function asta_1$cnt ){
    for$i = 1; $i < $cnt; $i++){
      print str_repeat'*', $i );
      print "<br>";
    }  // function asta_1の中のforの締め
}  // function asta_1の締め
function asta_2$cnt ){
    for$i = $cnt; $i > 0; $i-- ){
      print str_repeat'*', $i );
      print "<br>";
    }  // function asta_2のなかのforの締め
}  // function asta_2の締め

// ↑ここまでが関数を定義してるとこ

// ↓ 関数を呼び出します
asta_1(10);  // 関数asta_1の引数$cntを10にして実行
asta_2(10);  // 関数asta_2の引数$cntを10にして実行

print "</tt>";
?>
</body>
</html>

解答例:2

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>for文を使った関数</title>
</head>
<body>

<?php
print "<tt>";

$size = 10;

  for$i =1; $i < $size; $i++ ){

     for$j =0; $j < $i; $j++ ){    

      print "*";
     }
      print "<br>\n";
}
  for$i = $size; $i 0; $i-- ){

     for$j = 0; $j $i; $j++ ){
      print "*";

     }

      print "<br>\n";
}
print "</tt>";

?>
</body>
</html>

for文を使った関数でブラウザ上に三角形(逆向き)を表示

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>for文を使った関数</title>
</head>
<body>

<?php
print "<tt>";

// ↓ここから関数を定義していきます。

  function asta$cnt ){
    for$i = 0$i < $cnt; $i++ ){
    print "*";
    }
    print "<br>";
}

$size = 10;

  function sp$cnt ){
    for$i = 0$i < $cnt; $i++ ){
    print "&nbsp;";
    }
}  // ↑ ここまでが関数を定義してるとこ

// ↓関数を呼び出します
$i = 0;
    for$i < 1; $i <= $size; $i++ ){
    sp$size - $i );  // 上で作った関数( function sp($cnt);のほうで、引数$cntを$size-$iにして )の実行
    asta$i );  // 同じく関数( function asta($cnt);のほうで、引数$cntを$iにして )の実行
}
    for$i = 0; $i < $size; $i++ ){
    sp$i );  // 上で作った関数( function sp($cnt);のほうで、引数$cntを$iにして)の実行

    asta$size - $i );  // 同じく関数( function asta($cnt);のほうで、引数$cntを$size-$iにして )の実行
}

 print "</tt>";

?>
</body>
</html>

広告を非表示にする