読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2日目の授業にして五里霧中な自分に愕然とした、そんな1日

今日も朝から電車が素晴らしい混み具合でしたね。

例えて言うなら、乾燥機の圧縮袋に入れられた布団のような、

そんな状態でした。

今日はjavascriptで複利計算をプログラミング。

<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
<title>複利計算プログラム</title>
<meta charset="utf-8">
<script>

/*

ユーザー定義関数function kinri()の中に

引数1に gankin

引数2に kikan

引数3に rishi

をセット。

*/

function kinri( gankin, kikan, rishi ){
var uketori;        //変数uketoriの宣言。
uketori = gankin;        //uketoriにgankinを代入。
for( var i=1; i<=kikan; i++ ){

/*

for文で変数 i が kikan の数字になるまで繰り返します。

*/
uketori = uketori *( 1+ rishi / 100 ) ;

 /*最初は右辺の uketori に gankin が代入されてます。2回目は1回目の左辺の uketori の値が右辺の uketori に代入されます。*/

}
return Math.round( uketori );    //Math.round()関数は小数点以下を四捨五入する。
}

var gankin =10000;      // 変数 gankin に 10000 を代入。

var rishi = 4;      //変数 rishi に 4 を代入。
var uketori;       //変数 uketori の宣言。

document.write ( "<h1>複利計算</h1>" ) ;
document.write ( "<h2>元金", gankin, "円,利率", rishi, "%</h2>" ) ;
for ( i = 1; i <=10; i++ ) {
uketori = kinri ( gankin, i, rishi ) ;     /*作っておいたユーザー定義関数 function kinri ()に引数をセット。*/

document.write ( "<p>", i , "年後:", uketori, "円</p>" ) ;  /*戻り値としてのuketori*/
}
</script>
</head>
<body>
</body>
</html>

試しに gankin に 600000000 (6億円 )を入れてしまったんですが・・・

宝くじを買わなきゃと思いましたね!

明日もがんばります。

広告を非表示にする